生物技術如何發展?

生技如何發展?

閱讀全文
请先 登录 后评论
  • 1 關注
  • 0 收藏 38 浏覽
  • 用戶 提出于 2023-12-20 18:50:10

1 回答

厚德載物
擅長:AI

バイオテクノロジーは現在繁栄していますが、その発展方向は何ですか? どのような最新の技術が私たちの健康と体を変えていますか?


私たちの臓器は異なる種類の細胞からなる組織です。 細胞がどのように働くのかを簡単に理解することは、以下のバイオテクノロジーの仕組みをよりよく理解するのに役立ちます。 遺伝子は細胞の一部であり、より具体的には遺伝情報を蓄えてゲノムを形成する。 つまり、遺伝子によって性別、目の色、皮膚の色など、人に異なる身体的特徴を与える。

細胞は人体の最も基本的な構成要素であるといえる。 細胞の生命はとても簡単で、それは創造されて、その使命を完成して、それから死亡して、消滅されます。 一部の細胞のゲノムは変化し、突然変異とも呼ばれる。 これらの変化は、失われた遺伝子から添加または複制された遺伝子まで、どんなものでもよい。 このような状況が発生すると、細胞は異常分裂を始め、機能しなくなる。 除去しなければ腫疡ができます。

次の段落では、前に紹介した知識を活用して、バイオテクノロジー業界の最新のトレンドがどのように機能しているかを知ることができます。 それらの革命的な影響と用途に基づいて、私たちは6種類の異なる技術を選んだ。


目的に応じた治療

現在、化学療法は癌を治療する最もよく使われる方法の一つである。 ガン細胞と健康な細胞の両方に有害です。 幸いなことに、他の治療法もありますが、それ自体では十分ではなく、化学療法などの標準的な治療法と連携する必要があります。 一緒に仕事をするとき、代替療法は標準的な方法による損害を減らした。 その中のいくつかの代替方法は標的治療と免疫腫瘍学である。

目的に応じた治療は様々な方法で使用できる。 彼らは腫疡に血管を形成させないことで腫疡の拡散を阻止し、栄養を確保することができる。 これらがなければ腫疡は成長できない。

標的治療のもう一つの特徴はガン細胞周辺の目標に対して保護作用を発揮することである。 「標的」という名前は、その行動様式が異なり、ある癌対別の癌だけでなく、ある患者対別の患者でもあるという特殊な特性から来ています。 毎日新しい標的治療タイプが開発されており、より大きな発展空間がある。


細胞と遺伝子治療(CRISPR)。

細胞と遺伝子治療は、より正確には遺伝子編集技術であり、外科手術を必要とせずに生体のゲノムを修正できる分子生物学における遺伝子工学技術である。 このプロセスは体内で行われると言われています。つまり、体内から組織を抽出する必要はありません。 前述のように、細胞は突然変異を起こす可能性がある。 これらの突然変異は、癌、自閉症、血友病など多くの疾患を引き起こします。

突然変異による遺伝子改変や遺伝子配列は生体から除去することができる。 科学者たちはまだヒトゲノムがどのように機能しているかを解明しようとしているので、この技術が2012年に公開されたとしても、それはまだ発展途上の分野であり、新たな革新的ブレークスルーを行う余地が多い。

多くの紛争をもたらしました。そのほとんどは道徳と法律に基づいています。 最も話題になったのは2019年で、ある科学者が最初の遺伝子編集赤ちゃんの創造を手伝った。 そのため、ヒトにゲノム編集を行う過程は不道徳と考えられ、現在では奨励されていない。

これは敏感な課題であっても、遺伝子編集技術は現在開発中であり、すでにいくつかの医療分野で応用されている。 Cas9よりも正確な他のタンパク質も発見されました。 タンパク質Cas14は一例です。


神経接続(人間の脳とパソコンとの接続(BMI

神経接続はとてもファッション的で、イーロン・マスクもこの分野でベンチャー企業を持っています。 BMIはブレイン・マシン・インターフェースを表し、脳(または筋肉)刺激とコンピュータをつなぐ技術である。 そのため、障害者の支援から人体の改善、身体的制限の克服まで、多くのメリットを提供することができます。

この分野では多くの研究がある。 ある研究は、脳の信号を聴覚反応に変換して、外傷や麻痺を受けた人をサポートすることを目的としています。 いくつかは複数の脳をつないで、人間の脳ネットワークを形成することを目的としています。 他の人は、手などの体の部分からの筋肉刺激を真似して使いたいと思っています。 ここでは、コンピュータの操作方法を変えたり、自分の体を変えたりする新しい技術がたくさん開発されています。


手術は現実を強める

拡張現実技術はすでに非常に流行しており、外科医にとって非常に有用な道具である。 手術中に発生する可能性のある損害を減らし、手術の成功率を高めるのに役立つ。 これにより、外科医は目的の位置の周囲の領域を簡単に見ることができ、専門医に全体像を提供することができる。

これには、カメラ、センサー、コンピュータなどのいくつかの処理ユニットを使用する複雑な設定が含まれます。 この技術にはまだ発展の余地があり、多くの人がそれを新しいレベルに引き上げることを試みている。


遠隔医療

遠隔医療は2つの主要な部分に分けられます。1つは電子医療記録で、もう1つはユーザーにオンライン医療支援を提供することです。 電子医療記録は国境を越えた相互運用を促進し、医療コストを著しく下げることができる。 これにより、プライバシーを尊重しながら、より良い革新が可能になります。 オンライン医療支援は患者と医師の両方に多くの手間を省くことができ、軽傷であれば検査が患者にとってより快適になる可能性がある。

多くの民間企業や政府の取り組みがこの流れに参加しています。 フランスの電子健康ファイルシステムは、2011年に発売されてから自発的にフランス国内で採用された無料サービスであり、電子健康ファイルを安全かつ成功的に応用して医療保健を改善する良い例である。


人工臓器

移植の主な問題はドナーを見つけることです。 幸いなことに、このようなもがきはますます少なくなった。 外科手術のもう一つの新しい傾向は3Dプリント臓器を使って移植することである。 この3Dプリンタはバイオインクを使用しています。これは生きた細胞から作られた印刷可能な材料で、組織モデルの作成に使用できます。 必要に応じて、バイオインクは1種類または複数種類の細胞を含むことができる。 通常、懸濁細胞と混合し、懸濁細胞が目的を達成するように誘導する。 これらの誘導細胞はドナーからも患者自身からも、体内で簡単に適応できるパーソナライズされた臓器を作ることができる。

これまで、3Dプリント組織技術はすでにいくつかの機能のそろった臓器を創造して、世界各地の移植手術を成功させた。 成功した3Dプリント臓器の中には、腎臓、肝臓、心臓、角膜、骨などの「市場」で購入できるものもあります。

これらの発見はすべて私たちの体と健康を改善する大きな進歩である。 私たちはこれまで以上に、病気にならない、老化しない、さらには永遠に生きるという理想に近づいています。 私たちは変化を楽しみ、今よりも良い未来を楽しむ準備ができています。

请先 登录 后评论